HOME > 活動 > その他の活動 > ベンチマーキング

活動

その他の活動

ベンチマーキング

教育のグローバリゼーションによって互いの大学の比較や評価が盛んになった今日、大学同士のベンチマーキングは、重要で欠かすことのできない活動になっています。AC21は、このニーズに答えるため、メンバー間でのベンチマーキングの取り組みを行っています。大学に対する学生満足度調査、高等教育における評価と教育の質、各大学のFD活動比較などがあります。

 

ベンチマーキングの目的は、それぞれの大学の諸活動を調査・比較分析することによって、教育研究を中心とした大学活動を改善するためのあり方について調査研究することです。メンバー間で比較することで、お互いをさらに知ることができ、また、各大学は結果を踏まえ、改善につなげることが可能です。

 

学生満足度調査アンケート(Student Course Experience Questionnaire:SCEQ)実施:

 

2005年、シドニー大学からの提案により、シドニー大学が毎年学部生に対して実行している「学生満足度調査アンケート(Student Course Experience Questionnaire:SCEQ)」を名古屋大学にて実施しました。この調査結果およびシドニー大学などとの比較分析については、2006年7月にウォリック大学で開催された第3回AC21国際フォーラムで報告されました。結果について詳しくはこちらをご覧ください。